ブログ記事を効果的にリライトする方法と4つの注意点

ブログ リライト 画像

こんにちは。

せっかくブログ記事を公開するのであれば、SEOを意識して狙ったキーワードで上位表示を狙いたいですよね。



今回はキーワード選定に並ぶSEO対策に重要な「リライト」についてわかりやすく解説していきます。

この記事で解説する内容

  • ブログ記事を効果的にリライトする方法
  • リライトする上での4つの注意点



この2項目についてわかりやすく解説していきます。

リライトの目的

大前提として、リライトする目的について理解しておきましょう。

記事をリライトすることでコンテンツの改善をして上位表示を狙うことでユーザー閲覧数を増やす。

これに尽きます。

リライトとはすでにあるブログ記事を新たに書き換えることを指し、上位表示させるために重要なSEO対策のひとつです

どんなにSEOを意識したキーワード選定を行っても、記事のクオリティが悪ければ当然表示順位は上がりません。上位表示するためにはリライトでコンテンツの質も高める必要があります

ブログ記事を効果的にリライトする方法

リライトすれば上位表示できる可能性があるなら、既存の記事をすべてリライトすれば良いのかといわれると、それは相当時間がかかるのでおすすめしません。

ここでは効率よく、効果的にリライトする方法について紹介します。

1.リライトする記事の選び方

効率の良いリライトを行うにはまず記事の選び方が重要になってきます。

例えば

  1. アクセスがほとんどない記事
  2. アクセスが少しある記事

この2つではどちらがリライトする価値があると思いますか?

答えは2です。

1の記事はコンテンツが他のブログと似ていてペナルティをもらっていたり、内容が薄く、質の悪い記事であるとGoogleに評価されている記事の可能性が高いので、そういった場合はリライトでは手に負えない状態にあります。

なので、少しでもアクセスがある記事をリライトしていきましょう。

2.リライトする優先順位

ではその中でどんな記事からリライトしていけば良いのでしょうか。

その選び方としては上位表示するメリットのある記事からリライトしていくことを意識しましょう

例えば

・月間検索数が多いキーワードである程度読まれている記事
・アフィリエイトのコンバージョン率が高い記事

こんな感じでしょうか。

少しでもアクセスのある記事の中から、どの記事を上位表示すればリターンが得られそうかを考えながらリライトする対象を選びましょう。

3.検索順位確認ツールを活用する

リライトする優先順位を決めるだけでなく、その記事が現時点でどれほど上位表示されているかを知ることも重要です。

検索順位確認ツールを活用すれば記事の順位がどれだけ変動したのかを確認できるので、リライトの効果があったのかもすることができます

おすすめの検索順位確認ツール

  • Googleサーチコンソール
  • Rank Tracker(ランクトラッカー)

Googleサーチコンソールはインデックス登録するだけでなく、どんなキーワードでどの記事が上位表示されているのかも確認できます。

※リライトした後もその記事をGoogleサーチコンソールにインデックスさせることでGoogleがクロールしてくれるので忘れずに行いましょう。

Rank Trackerは管理画面が見やすく、検索順位の変動幅もひと目で確認できます。

登録した記事の順位だけでなく、SEOチェックのスケジュール予約や競合サイトを登録することでSEOキーワードの検索順位も比較することができるので有料ツールですが、利用する価値は十分あると思います

あわせて読みたい

Googleサーチコンソール 導入 手順 画像 GoogleサーチコンソールをWordPressに5分で導入する手順を分かりやすく解説


4.「端的過ぎず、余計過ぎず」を心がける

端的に述べるような記事はどうしても文字数が少なくなり、SEOの評価が低くなってしまうということはよく言われますが、読者に理解してもらうためにひとつひとつの事柄に対して詳しく説明することで高評価を得られるかというとそうとも限りません。

余計な文章が多過ぎると見なされてしまうとSEOに悪影響を与えかねないので、必要である部分は説明し、それほど重要ではない文章は取り除きましょう。

リライトする上での4つの注意点

1.検索順位が5ページ目(50位)以降の記事は後回し

上記で紹介した優先順位の目安がわからない方も多いと思うので、5ページ目以降に表示されている記事はペナルティを受けている可能性が高いため、後回しにしましょう。

5ページ目以内に表示されている記事をリライトしていくことを優先すると良いですが、ここでも上位表示するメリットがあるかを考えて選びましょう。

ちなみにですが、5ページ目(50位)以降に表示されている記事はリライトではなく、同じキーワードで新しい記事を書き直し301リダイレクトを利用することをおすすめします。

※301リダイレクトは、書き直す前のURLが持つSEOの評価を引き継いだまま、新しいURLにリダイレクトすることです。

2.上位表示されているものは様子を見る

検索順位が1位ではないけれど、1ページ目に表示されている記事をリライトすると順位が下がる危険性があるので、そういった記事もリライトせずに様子を見ましょう。

3.記事を公開してから2~3ヶ月以内のものはリライトしない

公開してもアクセスが集まっていないのは、公開してからの期間がまだ短く、インデックスによる順位が安定していない可能性があるので、公開から2~3ヶ月経っていない記事はリライトせず様子を見ましょう。

ですが、どれだけSEOを意識して書いた記事でも残念なことに確実に上位表示できる方法はありません

4.開設したばかりであればリライトより記事数を増やそう

開設当初はついつい2,3記事しか書いてないにもかかわらず、上位表示されないか気になってしまいますよね。

僕もブログ初心者の頃は狙ったキーワードの順位が伸びないか気になり、

この記事のどこが悪いんだろう、、、
もう少し書き足したほうがいいかな、、、

と思ったりしていましたが、先ほどもお伝えしたように2~3ヶ月経たないとインデックスが安定しないだけでなく、記事数が少ない状態のサイトはSEOに評価されていないので、ブログを開設して間もないのであれば、まずはコンテンツを増やすことに注力しましょう

記事をリライトしてSEOに強いサイトを作ろう

ブログ リライト 画像

上記のことを意識してリライトすることで、SEOに強い記事となり、それは結果として評価の高いサイト構築にもつながります。

せっかく書いた記事にまた文章を書き足すという作業は気が引けるかもしれませんが、ここをおろそかにするとサイトの成長を止めることになるので、時間があるときにコツコツ取り組んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です